ページの先頭です。
本文をスキップしてメニューを読む
Newtonは一人ひとりが自分のペースで学べる自動習熟システムの学習教材です。

ニュートン TLTソフトについて

Newton TLTソフトとは

TLTソフトは、全くの初心者であっても容易に、自動的に『完全習熟』させてしまうことを追及して開発された自動習熟システムの学習ソフトです。

TLT とは、

Testing (自分の実力をチェック)、
Learning (未知あるいはうろ覚えの項目だけを学習)、
Training (身につくまで繰り返し演習)

の頭文字をとったもので、ニュートン社が、全くの初心者でも容易に、自動的に『完全習熟』させてしまうことを追及して開発した、自動習熟システムソフトの名称です。ニュートン TLTソフトは、パソコンさえあれば語学試験・受験・資格試験への一発合格を実現します。

以下が、ニュートン TLTソフトによる学習方法の大まかな流れです。

スピード習熟を可能にしたワンタッチ入力

学習項目を完全に覚えこむために、まず説明文を読み、その後で Testing 画面の穴埋め問題に『答』を入力していきます。このとき、入力が遅いとその分だけ学習に時間がかかってしまいます。

TLTソフトでは、設問の『答』の最初の1文字を入力するだけで、コンピュータが○×の判定をしてくれます。 例えば、『答』が〔家族〕なら、〔KA〕と入力すると、〔家族〕と表示され、正解と判定されます。その後は自動的に次の設問、あるいは説明文へと移行します。 これが学習スピードを10倍以上にも上げる『ワンタッチ入力システム』 なのです。

ワンタッチ入力システム ワンタッチ入力システム

TLTソフトでは、自分の学習したい学習区分を選ぶと、その学習区分のなかの重要項目について、説明文がひとつずつ表示されます。そこで、まず内容をじっくり読みます。熟読した後は、説明文のキーワードが空所に変わりますので、学習内容を確認していきます。

説明学習を終えると、基礎チェックです。ここでは、説明学習で習得した基本用語や事項のチェック・トレーニングを徹底的に行います。間違えた問題は、完全に覚えるまで何度も繰り返しトレーニングします。

『忘却曲線システム』 で100パーセント習熟

繰り返しトレーニングでは、出題形式や内容が少しずつ変化していきます。また、すでに正解した問題も時間をおいて再び出題されます。これは、いったん覚えたものでも時間の経過や新たな知識を吸収する過程で、記憶が曖昧になり次第に忘れていくという「忘却曲線」を応用したシステムが組み込まれているからです。TLTソフトは、このシステムにより最後にはしっかり『頭にスリ込ませて』しまいます。

忘却曲線

基礎チェックの学習が終わると、重要問題の学習へ移ります。ここでは、それまでに学習したなかで、特に重要な事項をもう一度チェック・トレーニングします。

このように、苦手な問題を復習し、さらに総復習を総チェックで行います。 全ての学習区分で『終了』または『合格』の表示がされると、最後にその分野の完成の証として『合格保証番号』が表示されます。

全分野で『合格保証番号』が出ると『最終合格』です。本試験においても、80%以上正解できる実力が確実に身についています。何かアクシデントでも無い限り、間違いなく合格を手にすることができるはずです。 合格を確信して、TLTソフト 資格対策に取り組んでください。

合格保証システムで不合格になれば 『全額返還』

TLTソフトでは、ほとんどの資格試験対策教材に 『合格保証制度』 を設けています。これは、全分野を完全に習熟したにも関わらず、万一不運にも不合格になったとき、あなたがお支払いになった会員総費用を返還する制度です。 合格保証制度のあるTLTソフトだから、安心してご利用いただけます。

メインメニュー

サブメニュー